FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHLG第2話 『2人のマリ』 (8)

ペギー松山登場!
連絡を絶った松原真理救出のため、OTTO軍団のアジトに踏み込むペギー松山だが、目の前の”2人のマリ”の惨状に思わず息を飲む。

「な、なんて事してるの! すぐ2人を放しなさい!」

「なんだい、お前は今日のパーティーに呼んでないはずなんだけどねえ。」
せせら笑いを浮かべるキャプテンレイカ。

闘え、ペギー松山!
松原真理、そしてビジンダー・マリを倒した凶悪ロボットがペギー松山の前にも立ちはだかる。

「仕方ないねえ。お前もパーティーの仲間に入れてやるよ。さあ、こいつの相手をしな。」

不完全な転換。
「行くわよ。ゴーーッ!
いつもより、一段と気合の入った掛け声でモモレンジャーに転換するペギー松山。

だが、前回の闘いで破壊されたゴレンジャースーツの修理が完全ではないのか、その姿は通常と大きく異なっている。トレードマークとも言える大きなハートをかたどったマスクは無く、下半身はレオタード状で逞しくも美しい太ももを晒している。

無様だねえ。
不完全なモモレンジャーの姿を見て、笑い転げるキャプテンレイカ。

「なんだい? その中途半端な変身は。のこのこ出て来て、無様だねえ、ペギー松山、えっ? それに知ってるよ。お前たちゴレンジャーの武器はマスクがないと使えないんじゃななかったかい?」

「お前たちには、これで十分よ。」

「ふん、強がりはおよし。さあ、やっちまいな。」

良いわね、行くわよ!

「良いわね、行くわよ!」
襲い掛かるロボットにイヤリング爆弾を投げつけるペギー松山。

次の瞬間、槍状の爆風で、ロボットは後方に吹き飛ばされ動きを停止する。

「くっ、まさかこんな密室で爆弾を使うとは。」
(ちっ、ビジンダーの打撃でけっこうガタがきてたんだねえ。くそっ、いまいましい。)

「あら、私が爆弾のエキスパートだって事忘れたの? HEAT(成形炸薬弾)の衝撃の指向性をさらに高めたペギー・スペシャルよ。」

「まあ、今夜はたっぷり楽しめたからね。これくらいで引いといてやるよ。」

私も仲間に入れてください。
ペギー松山に救出されたビジンダー・マリ。
SHLG(スーパーヒロインリーグ)の指令室兼ロッカーで、司令の速水リョウコと話をしている。

「なるほど、貴方がシャドウを倒した、あのビジンダーなのね。」

「お願いです。私も、ペギーさんや真理さんといっしょに闘わせて下さい!」
真摯な表情でリョウコに訴えかけるマリ。


「もちろんよ、歓迎するわ。これからよろしくお願いね。」


ビジンダーという新たな仲間が加わったSHLG(スーパーヒロインリーグ)。
闘え、美しき戦士たち!


         ―完―

SHLG第2話 『2人のマリ』 (7)

悪夢の拷問
”2人のマリ”を責める悪夢の拷問。

松原真理の股間にねじ込まれたバイブレータの先端からは、高圧電流が発せられている。

一方、ビジンダー・マリは、鋭い棘の付いたロデオマシンで激しく責められている。


地下のアジトに響き渡る、2人のマリの絶叫。いつ止むともわからない拷問に、激しく首を打ち振り悶絶するしかない二人。

気絶した2人
いったいどれくらい甚振られたのか。遂には意識を失いぐったりと首をたれる”2人の”マリ。

かたや、真性サディストのキャプテンレイカは喜悦の表情を隠しきれない。
「なんだい、もうおねんねかい。随分とあっけないねえ。まあ、松原真理の方は、突っ込みはそこそこにしとかないと。ヴァージンはOTTO様に取っとかないといけないからね。おやっ、こっちのマリは随分派手に出血してるね。」

マリの股間が酷いことに。
股間を鮮血で、赤く染めるビジンダーマリ。

かつてOTTO軍団に拉致されて改造を受け、その股間には人間の女性と寸分違わぬ人工女性器が埋め込まれている。皮膚の強度は通常の人間と変らない。しかも感覚は通常の数十倍に高められているのだ。そこに鋭い棘を突き立てられたのだから、たまったものでない。

「ほーっほっほ。これじゃあ、こいつのあそこはグチャグチャだね。まあ、所詮は人造人間。OTTO様に献上する前に修理すればいい事だからね。今夜のメインディッシュは、こっちのマリにしようかねえ。」

焦りのペギー松山
一方、こちらはSHLG(スーパーヒロインリーグ)の指令室兼女子ロッカー。

「速水司令、真理の連絡が途絶えたってのは本当ですか。」
「ええ。OTTO軍団の戦闘員を追って、あるビルに踏み込む前まではわかってるんだけど。」
「わかりました。すぐ、救出に向かいます。」
「待って。この間の闘いで貴方のゴレンジャースーツは破壊され、今も完全じゃないのよ。」
「そんな事言ってられません。それに、ゴレンジャースーツに頼るなって、司令も言ったじゃないですか。大丈夫です、行かせて下さい。」

「わかったわ、ペギー。でも、十分気を付けて。」


仲間の危機に、居ても立ってもいられずペギー松山が遂に出撃。
急げ! ペギー! 2人のマリを助けるんだ!


         ―続く―

SHLG第2話 『2人のマリ』 (6)

悪夢のロデオマシーン
意識の無いまま、ロデオマシンを思わせる拷問マシンに拘束されているビジンダー・マリ。
マシンのボディはまるで巨大な男性器を思わせ、その表面には毒々しい赤い棘が生えている。

「さあ、これからがお楽しみだよ。いったいどんな声で鳴くのかねえ。ふふふふ。」
サディストのキャプテンレイカが、笑みを浮かべてマシンの起動スイッチを入れる。

グィーン、グィーン・・・
ゆっくりと振動を始める拷問マシン。

お願い、マシンを止めて!
股間のあまりの激痛に意識の戻るマリ。
「な、何? あうっ。痛い、痛い。」

マリの姿では、ボディの強度は人間と変わることはない。そして、股間にはOTTO軍団の改造で人工性器が付けられている。ただでさえ敏感な女性の秘部、さらに感覚は通常の数十倍にセットされているのだ。そこへ鋭い棘を押し付けられて激しく揺すられるのだからたまらない。

「どうだい、特製ロデオマシンの乗り心地は?」

「ぐっ・・ああああああぁぁーー。」
激しく首を打ち振り、絶叫するしかないマリ。


その人を放しなさい!
あまりのマリの絶叫に、思わず自分の立場も忘れキャプテンレイカを怒鳴りつける松原真理。

「なんて事してるの!すぐ止めなさい!」
「何、言ってんだい。未だ宴は始まったばかりじゃないか。それに、お前、人の事心配してる場合じゃないだろ。」
「貴方は、私に恨みがあるんでしょ。だったら、私を好きにすれば良いじゃないの。」
「心配しなくても、お前もたっぷりかわいがってやるよ。」

マリの乱入とその後の騒動で、動きを止めていたピンクのバイブレータが上昇を再開する。

侵入開始!
遂に松原真理の股間に到達したバイブレータ。

メリッ、メリッ。
いやな音とともに、真理の汚れを知らぬ花園に侵入を開始する。


「うっ。」
固く目を閉じ、拳を握り締めて、屈辱と痛みに必死に耐える真理。

陰惨な拷問。
バイブレータの侵入に、気丈に耐える松原真理。
が、次の瞬間。

バイブレータの先端から、高圧電流が発せられる。

「あっ、ぎゃああああぁぁぁぁぁ-----。」
さしもの真理も、これにはたまらず、絶叫をあげる。


地下深い、OTTO軍団のアジトに絶えることなく響き渡る”2人のマリ”の絶叫。


女性の弱点を知り尽くしたキャプテンレイカの執拗で陰惨な拷問。
お願いだ。誰か”2人のマリ”を助けてくれ!


       ―続く―

SHLG第2話 『2人のマリ』 (5)

こいつの弱点は股間だよ。
股間に移植されていた激痛回路。その突然の作動に、股間を押さえてうずくまるしかないビジンダー。
その隙に、ダウンしていたロボットがゆっくりと体を起こし、攻撃態勢をとる。

「いいかい、こいつの弱点は股間だよ。激痛回路とエネルギー装置が組み込まれた特殊回路がむき出しになってるんだよ。徹底的に責めな!」

ロボットの反撃。
一方的に攻められていたロボットが反撃を開始。
巨大な脚でビジンダーを蹴り上げる。

「あうっ。」
たまらず、仰向けに体を回転させられるビジンダー。

さらけ出された弱点。
強烈な蹴りでビジンダーを仰向けにし、その怪力でビジンダーの両足を押し開くロボット。

逃れようにも、股間を襲う激痛で身動きすらままならないビジンダー。
遂には、股を大きく広げられ弱点である股間を敵にさらけ出してしまう。

ビジンダーの股間を破壊しろ!

ビジンダーの股間を巨大な脚で踏みつけるロボット。何度も何度も何度も。

ドシンッ!
「ぐはっ!」
ドシンッ!
「うぐっ!」
ドシンッ!
「あうっ!」
  ・
  ・
  ・

最初はうめき声を上げて、激しく上半身を身悶えさせていたビジンダーだが、じきにうめき声すら出なくなり、股間を踏まれるたびに全身を痙攣させるだけに。そして青色に輝いていた眼はいつのまにか濃いピンクに変わり、遂にはピクリとも動かなくなってしまった。

解けた変身。
エネルギーが尽き、変身が解けて人間体のマリの姿の戻ってしまったビジンダー。
「ふん、意外とあっけなかったねえ。本当にこいつにシャドウは倒されたのかい。まあ、改造してここまで弱くしたのは、アタシたちOTTO軍団だけどね。ふっふっふっふ。」

マリを見下すキャプテンレイカが、淫靡な嘲笑を顔に浮かべる。
「さあ、これで今夜のゲスト”2人のマリ”がそろったよ。エンドレス・パーティーといこうじゃないか。」


OTTO軍団の姦計の前に、ビジンダーまでも倒されてしまった。
囚われの”2人のマリ”の前に、この後いったいどんな運命が待ち受けているのか?


       ―続く―

SHLG第2話 『2人のマリ』 (4)

ビジンダー・マリ登場!
巨大なバイブレーターが松原真理の股間にまさに触れようとした瞬間。

秘密アジトの入り口から、一陣の青い旋風が飛び込んできた。
正義のスーパーヒロイン、ビジンダー・マリだ。
「そこまでよ、OTTO軍団! その人を放しなさい!」

「ようやく来たね。そろそろだと思ってたよ。」
突然のマリの乱入にも、何故か余裕の笑みを浮かべるキャプテンレイカ。

こいつの相手をしてもらうよ。
「ところで、どうしてこのアジトがわかったんだい?」

「そ、それは、謎の信号の発信源を追ってきたのよ。」

「ふっ、それはお前をおびき寄せるため、こいつが発信してたんだよ。それにしてもお前たち”正義のヒロイン”とやらは、ホイホイ罠にかかるねえ。これじゃあ、まるでゴキブリじゃないか。」

「くっ、たとえ罠だろうと関係ないわ。かかってきなさい!」

「ふん、威勢だけは一人前だね。望み通り、こいつの相手をさせてやるよ。」

変身ビジンダー!

「チェンジ、ビジンダー!」
掛け声とともにビジンダーに変身するマリ。

その姿は、OTTO軍団の改造で、かつてシャドウと闘った当時と大きく変えられいる。胸部のビジンダー・レーザーの発射装置は取り除かれ、体のラインも人間体のマリそのままに、より女性らしい柔らかさを帯びている。

ビジンダーキック!

「ビジンダーキーック!」
強烈な飛び蹴りが、OTTO軍団のロボットに炸裂。
姿は変わってもビジンダーのパワーは健在だ。松原真理の攻撃を全く受け付けなかったロボットも、一撃でその巨体を大きくよろめかせる。

激痛回路作動!
ビジンダーの一方的な攻撃で、遂にはダウンしたロボット。勝利まで、あと一息。

が、その時。
がっくりと膝をつき、動きが止まるビジンダー。


「おやっ、どうしたんだい?」
嘲笑を浮かべて歩み寄るキャプテンレイカ。

「あ、あうっ」
股間を両手で押さえ、うめき声をあげるビジンダー。


「まさか、激痛回路がただ取り除かれただなんて思ってなかっただろうねえ。もったいないから、股間の特殊回路にしっかり組み込んであるんだよ。ふふふふ。」

「な、なんですって。あ、ああ。」
股間の激痛に悶絶するビジンダー。


勝利を目前にしながら、股間に移植された激痛回路作の作動で一転大ピンチのビジンダー。がんばれ、ビジンダー、卑劣なOTTO軍団なんかに負けちゃだめだ!

        ―続く― 
プロフィール

OTTOヒロイン

Author:OTTOヒロイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。