FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHLG第3話 『暗躍、OTTO軍団』 (5)

転換できなくても戦うしかない!
モモレンジャーへ転換できないペギー松山へ襲い掛かるOTTO軍団。

「トイヤーッ!」
気合もろとも戦闘員を得意のキックで吹き飛ばすペギー。
「貴方たちなんか、この姿のままで十分よ。」

「おのれーっ、舐めるなペギー松山!」

怪光線を浴びるペギー。
振り向き様、攻撃しようとするペギー松山に怪光線を発射するビッグアイ。

「し、しまった。」
いつもならかわせる攻撃も、江呂井博士に飲まされた痺れ薬のせいでまともに浴びてしまう。
「どうだ。俺様の光線の味は?」

敗北、ペギー松山。
ビッグアイの怪光線を大量に浴び、意識を失い地面に大の字に横たわるペギー松山。

「ふん、これがあのモモレンジャーだというか。随分と他愛の無いものだな。」
勝ち誇り、ぐりぐりとペギーの胸を踏みにじるビッグアイ。

「よし、こいつ例の場所へ連れて行け!」

囚われのペギー松山。
地獄谷の一角に置かれた拷問台に”人の字型”に拘束されているペギー松山。
ようやく意識を取り戻し、うめき声を上げる。

「こ、ここは?」
「ようやく気が付いたか、ペギー松山。お前を餌に、SHLGの奴らをおびき出し一網打尽にしてやるぞ!」
「ふん、こんな罠にかかるような間抜けな仲間はいないわ。」
強気に言い放つペギー。

「貴様、自分の立場がわかってるのか。まあいい、お前の仲間が来るまで楽しませてもらおう。今日は、お前の古い知り合いを呼んであるぞ。」
「し、知り合い?」

黒十字軍ゾルダー登場。
ペギー松山の前に姿を現す黒尽くめの男たち。

「お前たちは? 黒十字軍のゾルダー?」
「どうだ、驚いたか。偉大なるOTTO様は、かつての悪の組織の残党をも、支配下に置いておられるのだ。」

「それじゃあ、この前の戦いでゴレンジャースーツが破壊されたのも?」
「そうだ、こいつらから得た情報を基にゴレンジャースーツ破壊銃は開発されたのだ。」

「ビッグアイ様、こいつには多くの仲間を倒された恨みがあります。」
「それに、我々はこいつの弱点を知り尽くしてます。」

「よし、まずはお前たちで、こいつを責めてみろ!」


かつて倒した悪の組織黒十字軍の残党のゾルダー。
モモレンジャーの秘密を知り尽くし、強い恨みを抱く彼らは、いったいペギーに何をしよういうのか。


       ―続く―

comment

Secre

No title

屈辱的な拘束も楽しんでいますが、特撮番組のようなオーソドックスな十字架磔も楽しみたいです。

散々痛めつけたあと、荒野に十字架磔して助けをおびき寄せるような場面を期待しています。

No title

>黒コップさん
>屈辱的な拘束も楽しんでいますが、特撮番組のようなオーソドックスな
>十字架磔も楽しみたいです。
楽しんでいただけてるようで何よりです(^o^)。
拘束、磔のシーンは描いてて楽しいので、いろんなパターンをやってみたいです。
確かにオーソドックスな普通の十字架も風情があって良いですね(^o^)。第3話では後の展開ができてるので、難しいかもしれませんが、そのうち描いてみたいですね。
プロフィール

OTTOヒロイン

Author:OTTOヒロイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。