FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHLG第2話 『2人のマリ』 (8)

ペギー松山登場!
連絡を絶った松原真理救出のため、OTTO軍団のアジトに踏み込むペギー松山だが、目の前の”2人のマリ”の惨状に思わず息を飲む。

「な、なんて事してるの! すぐ2人を放しなさい!」

「なんだい、お前は今日のパーティーに呼んでないはずなんだけどねえ。」
せせら笑いを浮かべるキャプテンレイカ。

闘え、ペギー松山!
松原真理、そしてビジンダー・マリを倒した凶悪ロボットがペギー松山の前にも立ちはだかる。

「仕方ないねえ。お前もパーティーの仲間に入れてやるよ。さあ、こいつの相手をしな。」

不完全な転換。
「行くわよ。ゴーーッ!
いつもより、一段と気合の入った掛け声でモモレンジャーに転換するペギー松山。

だが、前回の闘いで破壊されたゴレンジャースーツの修理が完全ではないのか、その姿は通常と大きく異なっている。トレードマークとも言える大きなハートをかたどったマスクは無く、下半身はレオタード状で逞しくも美しい太ももを晒している。

無様だねえ。
不完全なモモレンジャーの姿を見て、笑い転げるキャプテンレイカ。

「なんだい? その中途半端な変身は。のこのこ出て来て、無様だねえ、ペギー松山、えっ? それに知ってるよ。お前たちゴレンジャーの武器はマスクがないと使えないんじゃななかったかい?」

「お前たちには、これで十分よ。」

「ふん、強がりはおよし。さあ、やっちまいな。」

良いわね、行くわよ!

「良いわね、行くわよ!」
襲い掛かるロボットにイヤリング爆弾を投げつけるペギー松山。

次の瞬間、槍状の爆風で、ロボットは後方に吹き飛ばされ動きを停止する。

「くっ、まさかこんな密室で爆弾を使うとは。」
(ちっ、ビジンダーの打撃でけっこうガタがきてたんだねえ。くそっ、いまいましい。)

「あら、私が爆弾のエキスパートだって事忘れたの? HEAT(成形炸薬弾)の衝撃の指向性をさらに高めたペギー・スペシャルよ。」

「まあ、今夜はたっぷり楽しめたからね。これくらいで引いといてやるよ。」

私も仲間に入れてください。
ペギー松山に救出されたビジンダー・マリ。
SHLG(スーパーヒロインリーグ)の指令室兼ロッカーで、司令の速水リョウコと話をしている。

「なるほど、貴方がシャドウを倒した、あのビジンダーなのね。」

「お願いです。私も、ペギーさんや真理さんといっしょに闘わせて下さい!」
真摯な表情でリョウコに訴えかけるマリ。


「もちろんよ、歓迎するわ。これからよろしくお願いね。」


ビジンダーという新たな仲間が加わったSHLG(スーパーヒロインリーグ)。
闘え、美しき戦士たち!


         ―完―

comment

Secre

プロフィール

OTTOヒロイン

Author:OTTOヒロイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。