FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHLG第2話 『2人のマリ』 (3)

囚われの真理
地下深いOTTO軍団のアジトの一室。妖しげな装置に大の字に磔にされた松原真理。

「ようやくお目覚めかい?」
満面の笑みで語りかけるキャプテンレイカ。

「くっ、私をどうするつもり? 何をしようと絶対貴方たちには屈しないわ!」

「ふん、並みの拷問じゃー音をあげない事くらいわかってるよ。だけど、お前の弱点は調べつくしてるんだよ。確か宇宙鉄面党との闘いで電気椅子で責められた事があったねえ。それ以来、電気責めがトラウマになってるんじゃないのかい?

「そ、そんな事ないわ。」

「ふーん、それじゃー確かめさせてもらうよ。」

電気責め。
松原真理の体に流される高圧電流。

「な、何よ。これくらい。」
それでも必死に耐える真理。

「ふん、生意気な、これならどうだい?」
MAXまで電圧を上げるレイカ。これにはさすがの真理も悲鳴を上げる。
「ぐああああぁーーーー。」

耐え切ったわ。
常人なら発狂、いや死んでいてもおかしくない高圧電流による拷問を、強い精神力で耐え切った松原真理。
「はあっ、はあっはあっ。」

「ほう、よく頑張ったねえ。」
「言ったでしょ。私には、効かないって。」

「それじゃあ、もう一つの弱点の方を責めるとしようか。」
「そんなものないわ。」
「どうだかねえ。ふふふふ。」

せり上がるバイブレーター。

ジジジジジ・・・。
床から禍々しいピンク色をした巨大なバイブレーターが、せり出してくる。

「お前たちは、任務と訓練に明けくれて、男と付き合う暇もないんだろ。だから、今日は、男のモノの咥え方を教えてやろうじゃないか。良く見えるようにじゃまな布はとらないとね。ふふふ。」
薄ら笑いを浮かべたレイカが真理のミニスカートを剥ぎ取る。

「や、やめなさい。」
高圧電流責めにも凛とした態度を崩さなかった真理に、初めて怯えと不安の表情が浮かぶ。

危うし、真理のヴァージン!

「ふん、白ってのはいかにもヒロインらしいけど、それにしても何の変哲も無い色気のないパンツだねえ。」

ジジジジジ・・・。
「うっ。」
迫り来るバイブレーターを前に、ぐっと目をつぶる真理。

(いやっ、こんな事でヴァージンを奪われるなんて。健、助けて。。。)
真理の脳裏に、かつて好意を寄せたマッハバロンのパイロットの紅健の顔が浮かぶ。

「このバイブは特別製だからね、しっかり味わいな。」


OTTO軍団の執拗で卑劣な拷問にかけられる松原真理。
果たして、このままヴァージンを奪われてしまうのか?


       ―続く―

comment

Secre

プロフィール

OTTOヒロイン

Author:OTTOヒロイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。